土壌汚染調査をすれば安心|快適な暮らしをゲット

婦人

強度をつけられる

工事

リカバリーが可能

ほとんどの人は既に建物が建てられた状態ではその下の地盤を改良することはできないと思っているかもしれませんが、実はそうではありません。最近は建物が建った地面であっても建物に手を加えること無くその下の地盤を固める改良を施す事ができるようになっています。建物を支える地盤の重要性が分からず、軟らかい地盤の上に建物を建ててしまったからと諦める必要もなくなりました。どんなに緩んだ地盤でも、その原因である地中の空洞を埋め、更には強度を向上する特殊な樹脂を流し込むことによって必要な強度の地盤に改良することができるのです。

緩んだ地盤のリスクを解消

緩んだ地盤の上に建物を建ててしまったリスクは、日常ではあまり実感しないでしょう。しかし、突然地震などの災害に見舞われたときに地盤の強度の重要性は身をもって理解することができるようになるはずです。緩んだ地盤の上の建物はほんの小さな揺れでも大きく揺さぶられ、そして柔らかい地面に沈み傾いてしまうリスクが高くなります。特に建物の耐久性が求められる震災の時になって初めて地盤の大切さが分かるのですが、当然理解したときには手遅れでしょう。最近になって地盤改良という言葉を良く耳にするようになったのもつい最近日本で大きな震災が起こったからです。大元の大地震では無く、その余震でも大きな被害を受けた住宅も地盤がゆるみます。そのため、地盤改良を行なう人達が増えつつあるのです。地震によって重要性が再認識されるからこそ、建物の下の地盤も改良できるような地盤改良技術が生み出されたともいえます。