土壌汚染調査をすれば安心|快適な暮らしをゲット

婦人

大きな揺れを防ぐ

工事現場

地盤改良とはそもそもどの様な内容なのか

固い土ごと、縦揺れ横揺れを起こしてしまう可能性もあります。地盤改良とは、土を入れ替える以外にも、柱の穴を空ける内容も含まれている物です。建てる建物の表面層の土が軟弱であり、土の高さ二メートル以内であれば、土を取り除き、固い土に入れ替える手法が取られます。軟弱な土の下にある土が固ければ、それぞれが結合する事によって、縦揺れや横揺れが来ても支えが強いので大丈夫です。それ以外の高さであれば、固い土まで柱を入れる内容になります。これは、表面層が軟弱である方が望ましく、表面層が固い土であれば、少しでの揺れでも柱を痛めてしまう可能性があるためです。これらは一般的な内容です。地盤改良を行う業者にしっかり調査依頼を行ない、土の性質を知った上で依頼をする事が大切です。

料金における相場

地盤改良を行う中で、最も安く抑える事ができる内容は、表面層だけを入れ替える内容です。これは、地面から二メートル以内であれば、安い値段で抑える事ができます。20坪の土地に対して、50万円ほどが相場になります。それ以外は、ドリルで土に穴をあけ柱を入れる必要性があります。これは、固い土まで穴をあける必要性があります。固い土までの距離が7メートル以内であれば、20坪に対して100万円程が相場になります。さらに距離がある場合は、柱その物の長さが高くなりますので、金額は更に高くなります。地盤改良を行うための内容は、専門性を強く要するため、依頼前に業者に詳しく尋ねる事が大切です。資材に対する費用と人件費、特殊車両を利用するための費用などを比較しながら選ぶ事もポイントの一つになります。