土壌汚染調査をすれば安心|快適な暮らしをゲット

男の人
工事現場

大きな揺れを防ぐ

地盤改良と言うのは、土に対して入れ替えを行ったり、固めるイメージが強くあります。しかしながら、その地を固めても、周りが軟弱な土地であれば、大きな揺れを防ぐ事はできません。

工事

強度をつけられる

地盤改良は通常、建物を建てる前に地盤を調査し必要な強度がない場合にその強度を補う為に地盤改良を行うのが一般的です。既に建物があっても地盤を強化することが可能です。

安心できる

作業道具

地盤改良の目的と種類

日本で住宅を検知する場合地盤がとても大事になってきます。これは日本の長い歴史が物語っていますが、地盤が緩い土地に住むと、大きな揺れの地震の時に住宅が崩れてしまう可能性があるのです。そこで、日本では古くから地盤改良がおこなわれてきました。当時の地盤改良は今で言う表層改良工法と同じで、従来はこの方法で地盤改良をしていたのです。この方法は、ゆるい地盤の部分を掘り起こして、その土を取りのぞき、代わりに頑丈な地盤を入れることで地盤を強化していったのです。現代でも使われるこのやり方ですが、軟弱地盤が2メートル以内であればこの方法は有効なやり方だと言われています。費用が安くできるため、この表層改良工法は割とよく使われる方法です。

それ以外の地盤を強化する方法

もし、土地を調べた結果軟弱地盤が5メートル程度続いていた場合はどうでしょうか。この時は5メートルも掘り続けるのは難しいため、掘る代わりに重機のドリルで直径60センチ程度の穴を開けてそこにコンクリートを注入して地盤を固める方法をとります。この方法は柱状改良工法と呼ばれるやり方で、耐久年数が長いのが特徴です。ただし、費用が掛かるのと、元通りに戻すことが非常に困難であることには注意が必要です。では、さらに軟弱地盤が深かった場合、例えば20メートル近くまで軟弱地盤が続いた場合は、鋼管杭工法を活用します。鋼管杭工法の特徴は鉄の管を何本も地面に埋め込んで、直接強固地盤に突き刺して地盤改良を行なう点です。この方法は、鉄筋住宅などの重量のある住宅には優れたやり方ですが、その反面費用が高くなってしまいます。

どこでも利用できる

土壌汚染調査をはじめて行なうなら実績のある専門業者に任せてみるといいでしょう。日本国内ならどこにいても利用することができ、無料で資料を請求することが可能です。一日中電話で対応している業者もあるので、忙しい人でも安心することができます。また、無料で出張講座をしているところもあるので、はじめて依頼する方にも心強いでしょう。土壌汚染調査をすれば快適な暮らしを手に入れることができるので損はないでしょう。

後ろ姿の作業員

地盤は硬くできる

土の中にも空気があり、それらがあることで地盤がゆるくなってしまうのです。しかし、最新の技術を駆使すれば硬い地盤を作ることもできるので、心配な人は専門業者に依頼するといいでしょう。